お知らせ 一覧

Information

臨時休診のお知らせ

2021-5-31

6月1日(火)は、研修のためお休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

なおご予約は随時受け付けておりますので、ご連絡ください。


産前産後のケアについて

2021-5-20

当院では慢性的な痛みや身体の不調の施術をメインで行っていますが、
産前産後の身体のケアも理学療法士、助産師の方と連携をとりながら施術を行っています。

今回は、問い合わせが多い産前産後のケアについて簡単にご案内します。

患者様のブログで記事にしていただきました !

2021-1-22

患者様が実際に当院で体験されたことを記事にして紹介していただきました。

リンクはこちら↓
【筋膜リリースを体験してきました #85】

この患者様は猫背が気になる程度でとくに身体の痛みはなく、“筋膜リリースを受けてみたい”とのことで来院いただきました。ご自身でも身体に気をつかって動かしていらっしゃっるため同年齢の患者様と比べると関節の歪みは少ない状態でしが、これまでの生活習慣や、卓球、ゴルフなどの運動の影響でわずかな関節の歪みや癒着がありました。

関節の歪みの多くは、骨の位置関係のわずかな異常から進行します。
このまま運動を繰り返すと、筋肉の働きにまで影響を及ぼし怪我をしてしまったり、慢性的な関節の痛み、パフォーマンスの低下などの影響が出てきてしまいます。

どのようなスポーツでも同じ動きを繰り返していると必ず関節に影響が出てきます。スポーツだけでなく、毎日の生活習慣でも同じことが起きてしまいます。
痛みはないから大丈夫!ではなく、できるだけ長く楽しむために、定期的なメンテナンスも必要です。

フォームや動作の改善により、スポーツや余暇活動を生涯にわたりサポートしていきます!

膝の痛みにはリアライン・バランスシューズ !

2020-11-19

歩くのが辛くなった…
階段で膝が痛い…
こんなお悩みありませんか?

当院では、膝の痛みを「体重のせい」や「加齢」とは考えていません。
痩せている人や若い人でも膝が痛くなります。なぜ痛くなるのか。原因は「その人自身の動きの中にある」と考えたほうが自然ではないでしょうか。
今日は、当院の施術で使っているバランスシューズについて紹介します。


〈リアライン・バランスシューズ〉
当院では膝の痛みにリアライン・バランスシューズを用いて運動療法を行っています。
リアライン・バランスシューズとは、膝や足首のゆがみを整えながら、理想的な関節状態をつくり、筋肉を鍛えることのできるトレーニング器具です。

「膝をまっすぐ曲げる」ことを習慣化させるためにこの器具を使いトレーニングします。
「膝をまっすぐ曲げる」というと簡単なように聞こえますが、実は一流のアスリートでさえも、この基本的な動きが出来ず、膝に負担をかけているアスリートは非常に多いです。

正しく「膝をまっすぐ曲げる」ために、リアライン・バランスシューズを着用してスクワットなどの基本的な運動を行います。動きの中で捻じれを矯正し、歩くために必要なお尻の筋肉や太ももの筋肉を効果的に鍛えていきます。

さらに、基本的な運動で膝の動きを正常化させた後に、歩行動作や階段昇降、各スポーツに必要な動作の運動療法を行います。


〈日常生活でも捻じれている〉

皆さん当たり前のように歩いていますが、実は多くの方の膝は捻じれています。

・つま先が外向いていませんか?
・O脚やX脚になっていませんか?
・靴の外側がすり減っていませんか?
・お尻が垂れてきていませんか?

普通に立っているだけで膝にストレスをかけている人はとても多いのです。また、スポーツ中の膝の痛みやパフォーマンス向上にも対応しています。バスケットボールやサッカー、バレーボールなどのスポーツは、各関節が正しく使えていないと膝を痛める可能性が高いスポーツです。ケガの予防や再発予防のために効果的です。


このような悩みはぜひ当院にお任せください!

☐ 歩くだけで膝が痛い
☐ 階段を上る時に膝が痛い
☐ 床から立ち上がる時に膝が痛い
☐ ランニング中膝が痛くなる
☐ サッカーやバスケットボールなど球技スポーツなどにおけるケガをしないための下半身の強化
☐ 野球、ゴルフなどでぶれない下半身を作り上げたい
☐ 陸上競技など、膝をまっすぐに使うことで最大のパワーを発揮できるようになりたい

長く歩けるようになって旅行に行ったり、お孫さんと沢山遊んだり、部活に打ち込んだり・・・

膝の痛みから解放されましょう。

トレーナー活動

2020-9-23

先日、久留米地区の高校にトレーナーとして選手の施術と運動指導に行ってきました。

スポーツは関節や筋肉の構造にあった身体の使い方ができるかが大切です。どんなスポーツでも身体を正しく使えれば、ケガを減らし、パフォーマンスを向上させることが出来ます。

スポーツ中の痛みやケガも、日常生活中の痛みと同様、組織へのストレスが原因です。
選手の動きの中に必ず原因があります。痛みや疲れをとるだけの施術ではなく、何が原因で痛みや疲労が発生したかを明確にして、根本的な解決策を見つけることが大切です。
痛みや身体の不調で悩まなくて良いように、トレーニングや施術を通して選手の高いレベルでのプレーをサポートしていきます。

ケガや痛みがあるけど練習を休めない。練習中の動作を少し修正することで解決できるかもしれません。

お困りの保護者様、指導者様、ぜひ当院にお任せください!

痛みが改善しない理由

2019-6-6

「痛みをなくすために原因を施術する」
という単純なことが残念ながら一般的ではありません。

表向きは
❝根本的な治療をします❞
❝根本から治します❞
❝根本改善❞
と言っているものの、
私が知る限り本当に根本原因に施術を行っているところは少ないです。

痛みの原因は何でしょうか?
‟痛み止め”は原因を治療しているのでしょうか。
体重、加齢、使い過ぎが原因でしょうか。

もし、それらが本当に原因であれば、
ある一定の年齢や体重を超えると誰もが痛みを訴えることになります。

歳をとっても痛み知らずの人はいます。
体重が重くても痛みが出ない人はいます。

小学生でも肩こり、腰痛に悩まされます。
体重が軽くても膝は変形します。

痛みの原因は「組織へのストレス」です

その人がどれだけストレスをかけたかで痛みの出方は変わってきます。

どこに、どんなストレスをかけているかが痛みの原因ではないでしょうか?


私自身、のべ58350人(2019.06現在)の施術経験から、
そのストレスの多くは
「日常生活の姿勢や動作が生み出す繰り返す小さなストレスにある」
と考えます。

そこで、当院では姿勢や動作に対して丁寧な検査を行い、
日常生活に隠れた原因を探し出します。


原因を探し、原因を施術する

これが根本から改善させる唯一の方法だと考えます。

当院は、
検査を行い原因を明確にすることで
対処療法ではなく本当に意味のある施術だけを行います。